MONTHLY ARCHIVE:2010.05

マンフロット:カーボン三脚体験会イベント

2010年5月15日、横浜赤レンガを臨む 象の鼻パークにて、モノフェローズの方々限定でマンフロット株式会社の三脚についての商品紹介及び体験会を開催いたしました。当日はお休みにも関わらず多数のモノフェローズの方々にご参加いただきました。大変に感謝しております。

当日はマンフロット株式会社の鈴木プロダクトマーケティングマネージャーから、同社の「M- Yシリーズ」カーボン三脚ボール雲台付き 7322CYなどをご紹介いただいた後、広告・雑誌・Web等の仕事を中心に多彩な現場の第一線で活躍中のプロカメラマン下村 孝先生に講師としてご登壇いただきました。

manfrotto-1

(写真:鈴木マネージャー、下村先生)

カーボン三脚ボール雲台付き 7322CYは、F1などでも利用されている高級素材カーボンを70%、バサルト(玄武岩)を30%を素材に使用することで、軽くて丈夫、かつリーズナブルな価格を実現した製品で、まさに、コンパクトカメラ、マイクロフォーサーズや小型一眼などで三脚を“気軽に”使って撮影を楽しみたい方にぴったりの機材です。

manfrotto-2

(写真:M-Yシリーズ7322CY)

最新デジタルカメラは高感度に強く、かつ優秀な手ブレ補正機能を搭載しているため、手持ちでも夜景をキレイに撮れる様になってきたので、デジタルカメラユーザーが三脚を使用する機会はそれほど無いと思っている方も多いですよね?しかし、三脚を使えばこそできる世界があるのです!その世界がこちらです!

manfrotto-3

(写真:三脚無し。事務局撮影。どうしてもブレますし、
ISO3200の高感度撮影となりノイズが目立ちます)

manfrotto-4

(写真:三脚あり。モノフェローズしょういち様撮影。
ブレなくシャープに。ノイズのない画)

この写真は夜景撮影のものですが、夜景以外でも、実は、「三脚があればこそ」の世界が広がっているのです。例えば、三脚があれば、ブログなどで多用されているマクロ撮影も切れ味の鋭い写真が撮れますし、高いところから低いところまで、多様なアングルからの撮影も簡単にできます。

manfrotto-5

(写真:低い姿勢からの撮影も安定して行えます)

manfrotto-6

(写真:三脚にライティング機材をとりつけて使用することもできます)

体験会では、下村先生より、こういった三脚を使うことで広がる写真の世界をご紹介いただきながら、実際に、横浜の素晴らしい夜景や美しいモデルさんの撮影を通じて、マンフロットのカーボン三脚を使った撮影のご指導をいただきました。

当日の成果や当日のイベントの様子を詳しく知りたい!という方は、ご参加いただいた方々のレビューをこちらのTBセンターに順次トラックバックしていただくことになっておりますので、是非下記URLをご確認ください!

トップへ戻る▲