カシオ:HIGH SPEED EXILIM EX-FC100セミナー

2009年3月1日にカシオ計算機株式会社本社にて、モノフェローズの方々向けのHIGH SPEED EXILIM EX-FC100セミナーを開催いたしました。当日はお休みにも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。

今回のセミナーは、QV-10でデジタルカメラという市場を生み出し、最近ではHIGH SPEED EXILIM EX-F1、HIGH SPEED EXILIM EX-FH20とハイスピード撮影を生かした、新しいデジタルカメラの世界を創造してきたカシオ計算機株式会社が送り出す最新モデル、HIGH SPEED EXILIM EX-FC100のここでしか聞けない開発秘話、更にはEX-FC100を使っての撮影会と盛りだくさんの内容でした。

(寒い中沢山のモノフェローズの皆様にお集まりいただきました)

セミナーでは、FH20のセミナーでも講師を務めていただいた、カシオ計算機株式会社におけるデジタルカメラの商品企画をリードされてきた中心人物であるQV事業部商品企画部の宮田室長に講師を務めていただき、

・カシオ計算機株式会社の社是
・カシオ計算機株式会社はハイスピードで何を目指すのか
・今回発売したEX-FC100は何を目指すのか

について開発時の「熱い」エピソードを交えながらご紹介頂きました。

(開発途中のモックを片手に熱弁される宮田室長)

宮田室長のお話の中で特徴的だったのは、カシオ計算機株式会社における「企業理念」である「創造 貢献」の存在です。「企業理念」というと「お題目的に作られているけれど誰も知らない」という会社が多い中で、カシオ計算機株式会社では、全社員がこれを覚えていて、実際の業務の中に落とし込んでいるそうです。

事実、今回発表されたEX-FC100は正に「創造 貢献」を実践されている好例で、デジタルカメラだからこそ出来るハイスピード撮影という世界を、F1、FH20で「創造」し、そのエッセンスを抜き出し、誰でも使える形に加工した上で、EX-FC100を発売して、世の中に「貢献」をしようとしているのです。

(ハイスピードで撮り方が変わる!)

そして、今回のEX-FC100は「貢献」のステップということで、本体の大きさと、機能の使いやすさに徹底的にこだわったそうです。まずサイズですが、F1からは83%、FH20からは76%も小型化をしています。そして、使いやすさでは、3大機能(スローモーションビュー、高速連写、HSムービー)を直ぐに使えるように独立したボタンを用意しています。

「どうやってこの驚異的な小型化を実現したのか、それぞれの機能の特徴は?」という点は、こちらのセミナーにご参加いただいたモノフェローズの皆様のレビュー(この記事の下にトラックバックされます)に譲りますが、実物を見ると本当に驚くこと確実です!

(奥左からF1とFH20、手前左からFC100の初期モック2台、
そして完成品。そのサイズの違いに驚きます)

また、当日は芦原会館 西山道場所属の空手家小林由佳さんにモデルとして登場頂き、FC100を手にモノフェローズの皆様の撮影会となりました!当社は自前のカメラなので、モノフェローズの方々が撮影された写真との差は歴然・・・。上手く決定的な瞬間を抑えることが出来ません。言い訳ではないのですが、これも当然と言えば当然で、小林さんの事務所の方によれば、小林さんの蹴りはあまりに速いので、プロカメラマンの方でも、小林さんにゆっくり蹴ってもらうか、足を止めてもらって撮影をするそうです。

(決定的瞬間を・・・逃しました)

当日のセミナー詳細については、こちらのTBセンターにご参加いただいた方々のレビューを順次トラックバックしていただくことになっておりますので、ハイスピードが変えるデジタルカメラの新しい世界について興味がある方は、是非こちらのページをチェックしてください!

トップへ戻る▲