カシオ:EXILIM ZOOM EX-Z450イベント

2009年10月3日にカシオ計算機株式会社本社にて、モノフェローズの方々向けのEXILIM ZOOM EX-Z450イベントを開催いたしました。当日はお休みにも関わらず多数のモノフェローズの方々にご参加頂きました。大変に感謝しております。

exilim-ex-z450-1

(EX-Z450の企画を担当された今村さん)

カシオは経営理念「創造 貢献」を掲げるだけでなく、実践をしている会社です。その「創造」力は素晴らしく、現在のデジタルカメラの原型であるQV-10や薄型デジタルカメラの先駆けであるEXILIMを、最近ではEX-FC100のようなハイスピードカメラを生み出して(創造して)います。そのため、カシオ=新機能と思われる方が多いのも事実でしょう。

exilim-ex-z450-2

(カシオと言えば「創造 貢献」を抜きには語れません)

しかしながら、カシオでは「創造はしっかりとした基本機能があればこそ」と考えていて、カメラとしての基本性能である画質には相当なこだわりをもって開発しているのです。

そして、ここで特筆すべきはカシオが目指している「高画質」の定義が、ユーザー目線であることです。技術者はどうしてもノイズや解像度といった「数値化」しやすい情報を過度に重視してしまう傾向があります。勿論、これはこれで重要です。

しかし、この2つだけを追求してもユーザーは喜ばないことが分かりました。そのため、カシオは技術者として独りよがりになることがないように、「ユーザーが撮りたい写真」「被写体が撮られたい写真」を目指して画質を向上させているそうです。

exilim-ex-z450-3

(高画質はもちろん、好画質をカシオは目指す)

この成果は確実に出ています。具体的には、前回、イベント及びお貸出しを実施した前モデル「EXILIM EX-Z400」を試された多数の方が、その画質のよさ、特に室内での撮影力の高さを評価されていました。そして、この結果には技術的な裏付けがあります。実は、現在のカシオのデジタルカメラが搭載するEXILIMエンジン4.0からは画質を大きく向上できるカシオならではの「仕掛け」が組み込まれているのです。

exilim-ex-z450-4

(高い評価を得たカシオの画質)

今回のイベントでは、何故カシオは高画質を実現できたのか?EXILIMエンジン4.0は何が他社の画像処理と異なるのか?といった技術的な説明や地道な努力の積み重ねでしか向上できない「画作り」への取り組みを中心に、日頃は語られることのない同社のカメラに対する真摯な取り組みを、商品企画ご担当者にお話しいただきました。また、「EXILIM ZOOM EX-Z450」の特長のひとつである「さがしてフォーカス」についても、その開発秘話を含めてご紹介いただいています。

exilim-ex-z450-5

(EX-Z450なら逆光でも何もせずに
シャッターを押すだけで綺麗に撮れます!)

カシオが高画質を実現できた理由。その謎に興味がある方、EXILIM ZOOM EX-Z450の新機能「さがしてフォーカス」を詳しく知りたい方、カシオやカシオのカメラがお好きな方は、是非こちらのページをチェックしてください!

トップへ戻る▲