ニコン:D90セミナー

08年12月7日に株式会社ニコンイメージングジャパン本社にて世界初の動画撮影機能「Dムービー」搭載した、ニコンデジタル一眼レフカメラD90に関するモノフェローズ専用セミナーを開催いたしました。当日はお休みにも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。

今回のセミナーでは「一眼レフで撮る動画の世界を堪能するまたとない機会です!一眼レフのトップメーカー、ニコンが切り開くこの新しい世界を体験してみませんか?」という趣旨で、D90の開発からマーケティングにいたるまで総指揮を執られた中村良夫D90プロダクトマネージャーにお越し頂き、開発の経緯や、商品の特徴についてご紹介頂きました。

中村プロダクトマネージャーはD90を担当される前にはD80、D300、D700を担当されていたそうで、ニコンの一眼レフの中枢にいる方ですから、物好きのモノフェローズの皆様にご説明いただくには最適の方です!

セミナーでは、まずはニコンという会社についてご紹介がありました。ご存知の方も多いと思いますが、ニコンの企業理念は「信頼と創造」なのだそうです。この企業理念はお題目として掲げているだけのものではなく「信頼」は、「鬼」の品質管理と顧客ニーズの徹底重視によって、「創造」は先端技術への挑戦と最新提案を牽引するという開発姿勢によって守られています。

例えば、レンズを装着したままのカメラをレンズ面から落としても壊れないのか、コンクリートの壁に側面からぶつけたらどうか?超望遠レンズ付きのカメラを高い三脚に取り付けた状態で、レンズ面から倒しても大丈夫なのか?などの開発者としては悲鳴を上げたくなるほどの厳しい品質管理が行われています。まさに、「鬼の品質管理部門」がお客様の視点で徹底した確認をしているのです。

また、デジタル製品では、モデルチェンジがあるたびに以前のモデルの備品が使えなくなることが多々ありますが、ニコンはお客様の資産に対する敬意を強く持っていて、何と50年前のレンズですら、今回のD90に装着して使うことが出来るようにしています!一部のモデルで制限はあるそうですが、これは驚異的です。更に、操作系も統一されていて、モデルや開発者が変わり続けても、主要ボタンの配置をかたくなに守り続けています。

モノ作りをしたい人は、そもそも新しい挑戦をしたい気持ちが強いので、今まで発売された商品の制約を取り除いて素の状態から作り直したいという衝動に駆られがちです。これはこれで、今までにないものを作り上げる可能性が高まりますから一概に否定すべきものではありません。しかし、一本数万円から数十万円もするようなレンズで頻繁な仕様変更をされては適いませんし、機種毎に異なる操作性のために、重要な一瞬を撮り逃してしまうなんて笑えません。

ニコンはこうした顧客の視点から、「変えるべき事、変えてはいけない事」をしっかりと考えて、顧客の資産(レンズやノウハウ)を守り続けているのです。さすが、カメラや半導体製造装置など、「失敗が許されない」領域で事業をしている会社は違います。私は当日セミナーを聞きながらニコンをずっと使い続けている方が多数いる理由が「体感」できたように思えました。

こうした話をしますと、「では、ニコンがガチガチの保守的な企業なのか」と思われる方もいらっしゃると思いますが、決してそうではありません。1969年に自動調光、1971年に自動焦点、1994年には手振れ補正、2005年には顔認識AF、とメラの重要な最先端機能をニコンは出し続けています。ここが企業理念の「創造」の部分です。そして今回の世界初一眼レフ動画D90もこの流れにより生まれた、ニコンならではの新しい提案なのです。

言い換えますと、D90は、「信頼」を守るために、「最高の静止画が撮れる」ことを、「創造」を続けるために「一眼レフだからこその動画を撮れる」ことの2つを満たしたカメラです。

中村プロジェクトマネージャーによりますと、この実現のため、D90では上位機種であるD300とほぼ同じセンサーを利用していて、静止画で言えばD300クラスの静止画が撮れるようにしたそうです。そして、動画では、ソフト面を一新することで、一眼レフの感度や解像度の高さを利用した、ビデオカメラではなかなか撮れない、環境下でも最高の動画が撮れるようにしています。

当日は、これが本当かどうかは、論より証拠ということで、お越しいただいたモノフェローズ方全員にD90とレンズ2本をお貸出しして銀座のバーに場所を移しての撮影会をそのまま開催をしました。モデルは2007年 ミス青山学院にノミネートされた都甲理恵さんです。

(撮影:モノフェローズしょういち様)

その際に撮影された写真は下記のTB先にあるセミナー参加者の方々が当日に撮られた動画や静止画で見ていだけます。これが、一般の方がその日渡されたカメラで直ぐに撮った動画や写真なのですから驚きです。

この動画を撮られたご本人たちも相当に驚かれたようで、「これが一眼レフだからこその動画なのか!」という声があちこちから聞かれました。なんといえば良いのでしょうか、8ミリカメラで良いレンズをつけて照明をしっかりとセットしてとった動画のような、なんとも味のある、深みがあるまるでCMや映画の一シーンのような良い絵になっています。

こちらはニコンの方がD90で撮影された動画サンプルです!

(当日セミナーの様子)

(別途撮影した海の動画)

(別途撮影した海にエフェクトをかけたもの)

残念ながら当社スタッフはD90をお借りすることは立場上できませんので、試すことは出来ませんが、モノフェローズの皆様におかれましてはこの後、約1ヶ月間、D90と2本のレンズを駆使して、「ニコンが一眼レフで誘う新しい動画の世界」を堪能していただければ幸いです。

当日はお休みの中、多数のモノフェローズの方々にご参加頂き、心から感謝しております。モノフェローズの皆様方におかれましては、お書き頂いたレビューのTBはこちらにお願いいたします。

トップへ戻る▲