ニコン:COOLPIX S70イベント

2009年9月13日に株式会社ニコンイメージングジャパン主催にて、クリアカラーパネルを採用した3.5型有機ELモニター、及び直感的に楽しめる新タッチコントロールを搭載した同社の新コンパクトデジタルカメラCOOLPIX S70に関するモノフェローズ専用イベントを開催いたしました。当日は休日にも関わらず多数のモノフェローズの方々にご参加頂きました。大変に感謝しております。

今回のイベントはプロダクトマネージャーの脇若さん、設計の川村さん、デザインの橋本さんという豪華なメンバーにご登壇いただきました。

coolpix-s70-1

(ご登場頂いたS70開発陣。左から脇若さん、川村さん、橋本さん)

ニコンのCOOLPIX

D90、D5000のイベントの中で、ニコンという会社が「絶対に失敗が許されない商品」を取り扱ってきていること、そうした厳しい事業の中で、ニコンが成長できた理由は、同社の企業理念、「信頼と創造」にあることはご紹介してきました。

50年間不変のFマウント、「鬼」と称される品質管理部門の存在が、まさにこの企業理念の「信頼」を体現しているといえるでしょう。この「信頼」を守りつつ、新たな挑戦、「創造」という役割をニコンにおいて担っているのがCOOLPIXなのです。

そのため、ご存知の方も多いと思いますが、世界初の「顔認識AF」機能搭載、無線LAN通信機能内蔵、画像保存・共有サイトの開始、GPS内蔵モデルの発売など、COOLPIXには沢山の世界初があります。

S70誕生の裏に

世界初が多数あるCOOLPIXはその初代モデル、1997年1月に発売されたCOOLPIX 100から創造性に富むモデルでした。COOLPIX 100では、今では珍しくない縦位置での撮影がデフォルトとなっていたのです!また、PCと連動した使い方を予め想定してカメラ本体がPCカードになっていました。

更に、1997年6月に発売されたCOOLPIX 300は「撮る、書く、録る、見る」というコンセプトで作られ、当時としてはかなり珍しいペンによるタッチパネル方式を搭載したモデルです。しかし、当時は未だ撮像素子33万画素と「本格的カメラ」と名乗る画質を出せる状況ではありませんでした。

そして、タッチパネル搭載COOLPIX初号機であったCOOLPIX 300から10年以上を経た今もCOOLPIXの「創造」への挑戦は続いています。撮像素子は1000万を超える時代となった今、そこにニコンが持つ高いカメラ技術と、COOLPIX 300の魂を込めて本格的なカメラとして再びタッチパネルモデルとして「ひとに近づく」を目標として生まれたのが、前モデルのS60でした。

coolpix-s70-2

(今から12年も前にタッチパネルを搭載していた)

S70誕生

S70 はそのS60の正当なる後継機として、「理想のタッチカメラ」を目指して、(1)楽しく、スマートに、(2)誰にでも嬉しい新技術、(3)高いデザイン性を向上することで、更なる進化を遂げ誕生しました。S60から続く「ひとに近づく」をテーマに生み出された、「理想のタッチカメラ」S70は、大型有機 ELタッチパネル搭載に加えて、高いカメラの基本性能、高品位なデザインなど、持つ喜びを感じることが出来る一台となっています。

coolpix-s70-3

(S60比でも圧倒的な輝度と色再現性を誇るS70)

百花繚乱の様相を呈するコンパクトデジタル市場において、異彩を放つS70が如何にして生まれたのか、その裏でどのような開発陣の取り組みがあったのか?何故、コストの高い大型有機ELを搭載したのか?ウェブサーフェスデザインからなぜ今回のデザインへと変化したのか?

coolpix-s70-4

(新デザイン誕生までには多数のモックが作られ検討された)

こうした疑問に答えるイベントの様子は、イベントに参加されたモノフェローズの方にこちらのTBセンターへイベントのレビューを順次トラックバックしていただくことになっておりますので、「大型有機EL搭載によるカメラの見る楽しさの変化や、静電式タッチパネル採用による軽快な操作感」について興味のある方は、是非こちらのページをチェックしてください!

トップへ戻る▲