ニコン:D5000セミナー

2009年4月26日に株式会社ニコンイメージングジャパン主催にて、同社のデジタル一眼では初の可動式「バリアングル液晶」を搭載した、ニコンデジタル一眼レフカメラD5000に関するモノフェローズ専用セミナーを開催いたしました。当日は休日にも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。

今回のセミナーはD5000プロジェクトマネージャーの田澤さんに加えて、D5000プロダクトサブマネージャー(メカニック担当)の渡部さん、同じくD5000プロダクトサブマネージャー(電気回路設計担当)の大貫さんという3名の開発者の方に登場頂きました。

(登場頂いたD5000開発陣。左から渡部さん、田澤さん、大貫さん)

3名という人数も凄いですが、それぞれのご担当が、商品全体の開発思想を生み出したプロジェクトマネージャー、D5000の最大の特徴である可動式「バリアングル液晶」を生み出したメカニック担当、簡単操作を実現したシーンモードを生み出した電気回路担当という、D5000の魅力を語っていただくにはこれ以上はない最適なバランスとなっています。このメンバー構成を聞いただけでも、デジ物、デジタル一眼レフが好きな方には堪らないのではないでしょうか?

ニコンという会社

ニコンの技術、魂の結晶の一つである最新モデルD5000を語る上では、ニコンという会社の考え方を避けては通れません。この点については、開発陣を代表して田澤さんからご紹介をいただきました。

ご存知の方も多いかと思いますがニコンはデジタルカメラだけのメーカーではありません。写真に加えて、半導体製造装置、半導体検査装置の製造も行っています。そして、これら全ての商品に共通して言えるのは、「絶対に失敗が許されない商品」であるということです。

写真は撮りたい一瞬を逃したら、もうその瞬間を取り返すことは出来ません。半導体製造装置も、検査装置も少しのミスが億単位の損失に繋がる商品であるがゆえ、厳しい品質基準を求められます。ニコンは常にこうした極めて高い品質を求められる分野で成長してきたのです。そして、この厳しい中でニコンが成長できた理由は、同社の企業理念、「信頼と創造」にあります。

そうです。ニコンはこの「信頼」と「創造」に徹底的にこだわり、お客様の「期待を超えて、期待に応える」ことをどこまでも追求する企業なのです。

(50年間不変のFマウントはお客様の信頼を重視する姿勢の証明)

ニコンのカメラ

「信頼と創造」を企業理念とするニコンのカメラ作りはある意味で特殊です。「プロカメラマンが極限状態で撮影をしても問題が起きないか?」「撮りたい一瞬を逃さずに撮れるのか?」ということに、こだわりぬいてます。

この要となっているのが「鬼」と言われる品質管理部門です。田澤さんが若手のころに開発したデジタルカメラを品質管理部門に検査してもらいに持っていったところ、受け取った検査部門の方は、その商品を「意図的に机の上に落とし」ました。そして、「これで撮れなくなっているならお客様には出せない。開発のやり直しだ」と言われたそうです。驚くべき徹底ぶりです。そして、当然、D5000もこの厳しい検査にもまれて来ています。

こうした厳しい企業姿勢が全デジタルカメラメーカーが対象となった日経ビジネス「アフターサービス満足度ランキング」で、4年連続第1位、調査開始から9年間で通算6度の受賞となって現れているのでしょう。

D5000誕生の裏に

D5000は「もっともっと」を求められて生まれてきた商品です。その結果、性能の出し惜しみをまったくと言っていいほどしていません。例えば、画像センサー。通常エントリーモデル向けの性能のセンサーを搭載しますが、D5000は上位機種のD90のセンサーをそのまま利用するという驚きの決断をしています。

更に、ニコンらしさの追求のために下開きのバリアングル液晶モニターを搭載しました。メカの可動部分を増やすことは、不具合や将来の故障の可能性を増やすことになります。そのため、メーカーの開発者としては避けたいと思っても不思議ではありません。特にニコンの場合は「鬼の品質管理」が控えていますから、余計に開発者にとっては厳しい条件を抱えることになります。

(モデルのお二人。田崎愛美さんと山下実紗さん)

それでも、D5000の開発メンバーは、ニコンらしさ、「信頼」を守りつつ「創造」を実現するためにこの難しい課題に挑戦することを決めたのです・・・。どうやって、D5000開発メンバーはこの課題をクリアしたのか?何故バリアングル液晶は下開きになったのか?エントリー層でも使いやすいようにどのような工夫をしたのか・・・?

セミナーの真髄は、セミナーに参加されたモノフェローズの方がセミナーのレビューをこちらのTBセンターに順次トラックバックしていただくことになっておりますので、「撮る自由と楽しさが広がる、ニコンデジタル一眼レフカメラD5000」の世界について興味がある方は、是非こちらのページをチェックしてください!

(当日の撮影会場。最高のロケーションでした)

トップへ戻る▲