TAG ARCHIVE:‘ソニー株式会社’

SONY:VAIO type P・ポケットスタイルPC体験会レポート!

本日、2009年1月10日、銀座ソニービル8Fオーパスにて、ソニーが新しく提案するポケットスタイルPC 新型VAIO type P体験会を開催いたしました!当日は、お休みの中、多数のブロガー様、及びモノフェローズの方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

当日のセミナーの様子につきましては、ここで簡単に説明をさせていただきます。詳細については、こちらのTBセンターにご参加いただいた方々のレビューを 順次トラックバックしていただくことになっておりますので、ポケットスタイルPCが何故生まれたのか、その開発時の秘話について興味がある方は、是非こち らのページをチェックしてください!

詳しくはこちら!

また、当日ご参加いただきました、ブロガー様、及びモノフェローズの皆様方におかれましては、お書き頂いたレビューのTBはこちらにお願いいたします。

さて、当日ですが、手配可能な機材の台数の関係で、午前と午後の2組(それぞれ12-15名)に分かれての開催になりました。各セミナーとも、参加された方々の興味により重点がおかれた内容はカスタマイズされているものの、大枠としては、

(1)type P開発者による開発秘話
(2)type Pを支えるサービス紹介
(3)外出してtype Pを試用
(4)type P開発者を囲んでの質問と試用した感想の共有

という内容となっており、合計で3時間半~4時間の密度の高いセミナーでした。

(1)では、type P開発プロジェクトマネージャーである鈴木一也プロジェクトマネージャー。通称「すずいち」さんによる、「カタログには載っていない開発秘話」をみっちりとご紹介いただきました。すずいちさんが、type Pで何よりも大切にされたのは、「ポケットスタイルPC」の実現で、そのためにとことん拘りぬいたのが、「携帯性:どこでもいつでも持ち歩ける」「デザイン:外で身に付けていても自慢できる」「外で本当に使える機能性を持つ」の3つした。特に、ハード(本体)を設計する上では、あのサイズ(特に奥行き120mm)の実現を最優先したそうです。

事実、開発陣とデザイナーは、type Pが本当に「ポケットスタイルPC」としての携帯性を兼ね備えるために、通常の倍以上の数のモックアップ(製品のサイズやデザインを確認するための試作品)をつくり、それらを全員で実際に手に持ってみてどのサイズが最適なのかを実体験を通じて感じあい、チームで長時間にわたり議論したそうです。

その結果、「机の上に置いてあるtype Pを自然に持てる」サイズ=120mmが決まり、そこからその中に入るモニターのサイズ(8inch)、バッテリーライフ(通常4.5時間)などが全て決まっていったと言います。通常のPCの作り方では、まず画面サイズ、CPU、バッテリーライフなどがあって、その機能をどれだけ小さく出来るかを考えますので、今回のtype Pの開発ステップがどれだけ特徴的で、非常にサイズに拘ったものであるかが分かります。

(2)では、ペタマップの佐藤さんによる、type Pを実際に外に持ち出したときに、「外で本当に使える機能性を持つ」ことをソニーがどれだけ考えたのかが分かるセッションでした。モバイルPCと携帯電話の最大の違いは、「常時接続性」と「処理能力」の2つです。ご存知のとおり、モバイルPCは圧倒的に後者に優れ、携帯電話は前者に優れています。モバイルPCが「外で本当に使える」ためには、既に優れている処理能力を生かしながら、モバイルPCが抱える弱点、「常時接続性」を「オフラインでも使える」ことと、「簡単にオンラインになれる」ことが必要となります。

ところが、これは商品が使われる環境に大きく左右されるため、ハード(本体)だけでは実現できず、どうしてもサービスの力が必要となります。そこで、type PはPlaceEngineという技術を使い、オフラインになっていて、かつGPSが効かないような環境下でも、周囲の無線LANスポットの情報から、本体がどこにあるのかという位置情報を推論して、オフライン化でも近くにあるお店や、無線LANスポットの場所を簡単に見つけることが出来るようにしています。(3)を通じてのPlaceEngineの使用感などは、セミナーに参加された方々の実体験に譲りますが、私は、本当の意味でオフラインでも使えるモバイルPCがようやく生まれたように感じました。

最後に用意された(4)については、双方すずいちさんとKoozytの末吉さんを迎えたことは同じなのですが、進行としては午前と午後の部で大きく異なるものとなりました。午前は、モデレーターの方を中心に参加者及びプレゼンテーターの方との質疑応答、午後の部は15名を2組に分けての議論でした。午前、午後ともに、(3)にて実機を堪能した参加者の皆様から熱い意見が出され、それに負けないほど熱い想いで商品を開発した方々が回答をするという、双方にとって至福のときとなったように思います。

参加頂いた、多数のブロガー様、及びモノフェローズの方々には心からお礼を申し上げます!

トップへ戻る▲

SONY:VAIO type Tセミナー(VGN-TTシリーズ)

2008年11月22日にソニーマーケティング株式会社本社にて、最新型VAIO type T(VGN-TTシリーズ)モノフェローズ専用セミナーを開催いたしました。当日はお休みにも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。(VAIO type Tの詳細はこちら

今回のセミナーは、type Tを開発された鈴木雅彦プロジェクトマネージャーから皆様に直接、商品の開発背景や目標などを熱くご紹介いただきました。鈴木プロジェクトマネージャーは初代バイオノート505を生み出したチームメンバーという生粋のVAIOノート開発チームの方ですから、話は最新型type Tにとどまらず、歴代505、type Tシリーズに及びました。

(商品への愛情一杯で語ってくださった
鈴木プロジェクトマネージャー)

また、ソニー社内でもほんの少数の方しか見ることが出来ないというコンセプト、デザイン案、削りだし、デザインモック、分解サンプルなどを写真撮影禁止という条件の下、特別に見せていただきました。私どもも多数のブロガー様向けセミナーのご支援をさせていただいておりますが、今回のセミナーは、擬似的に商品企画から開発までのプロセスを体験できるという過去に例をみないセミナーでした。

(初公開!開発工程は右から左へと進みます)

前置きが長くなりましたが、では・・・・セミナーの詳細についてご紹介しましょう!

PCはデスクトップからノートブックへと需要がシフトしてきましたが、今年は更にネットブックが大流行しており、その価格は4万円台と大きく下がってきています。そのような中で、フルスペックAVノートとして登場するtype Tは、デザイン面では前モデルとあまり差がないように見えますが、「実は中身は凄いんです!」というモデルです。

軽量ノートなのにブルーレイを搭載。更にブルーレイソフトを丸々一本楽しめる省電力設計。ブルーレイの美しさを十分に堪能できる色再現性100%に達するディスプレー。音楽、映像をノートを使う環境でも楽しめるノイズキャンセル内蔵とAV機能を究極といえるまで搭載しています。

(脱いだら分かる脅威の実装密度)

鈴木プロジェクトマネージャーによると、今回のtype Tが目指したのは、

究極のノートPCではなく、なんとその先を更にいった、究極のWalkman、「ブルーレイWalkman」なのです。

もちろん、本当に「Walkman」を作るわけではありません(実際商品名もVAIOでWalkmanではありません)が、「Walkman」と名乗るに値するモデルにしたい!という目標を持ったのです。しかし、名乗らないと言えども目標として「Walkman」を掲げた以上は、デザイン、画質、音質、バッテリー全てで妥協のない仕上がりを目指したそうです。

まずデザインでは、「Walkman」は女性にも人気ですから、今回のモデルは男性だけではなく女性にも魅力的でなければなりません。そこで、今回のモデルは「エレガント」さをデザインの中心としています。当日は、特別に企画当初のコンセプト図、デザインスケッチ、モックを見せていただきましたが、このデザインコンセプトは企画当初から最終商品まで貫かれているように感じました。

また、形では、フルサイズで映画を見れることに拘ったそうで、その結果として11.1インチの高解像度16:9ワイド液晶の採用となっています。仕事用PCとしての使い勝手よりも、映画をフルスクリーンで見ることを優先したこの決断からも、ソニーがこのモデルで何を作りたかったのかが分かります。

次に、画質では、発色に徹底的に拘ったそうです。最近の液晶テレビはようやくNTSC比で100%(つまり色が鮮やかということです)になりつつありますが、PCの世界ではいまだに70~80%程度でとどまっています。これは電力的、スペース的制限があるノートPCでは仕方のないことなのです。しかし、今回のtype Tは、強力な白色バックライトと絶妙な電力マネジメントにより、ブルーレイコンテンツを見るに相応しいレベルの発色(NTSC比100%)を実現したのです。

最後に、音質でも驚くほどの拘りを見せています。このモデルの売りでもあるノイズキャンセル機能です。この機能は耳の中で外部と騒音と逆転させた音をぶつけることで(音は波なので)、外部の騒音を打ち消してしまうという機能なのですが、これがあれば、少々うるさい環境下でも、通常の音量でも快適に音楽を聞くことができます。この機能は最近Walkmanなどのポータブルオーディオ機では大人気なのですが、それをノートPCに内蔵してくるとは・・・。コンセプトに一ミリの揺るぎもありませんね。

そして、これはセミナー後に伺ったのですが、出てくる音自体にも工夫をこらしています。そもそもPC、特にノートPCはその構造上、内部がノイズだらけになっていて、オーディオにはノイズが載りやすいのですが、type Tでは、オーディオ出力系の基板を他の基板から独立させることで、オーディオ出力に混じるノイズを削減しています。音のためには基板構成まで変える・・・。これはオーディオ専用機では当然のことですが、ノートPCでここまで拘ったモデルはまずないと思います。

最後にバッテリーです。Walkmanをお持ちの方であればご存知だと思いますが、Walkmanの売りは、「スタミナ」「急速充電」でしたよね?type TではこれをなんとノートPCでも実現してしまっています!ブルーレイでも映画一本をまるまる見れてしまうロングバッテリーに加えて、ノートPCなのに1時間の充電で約2時間半使えるという急速充電が出来るようにしたそうです!ここまでやるか?VAIO type T!です。

セミナーのプレゼンの趣旨は以上でした。ソニーの開発者と企画担当者の意地と想いがあふれ出てきているように感じられるもので、感動有り、笑い有りのプレゼンテーションで、終わったときは参加者一堂、感動のため息が出るほどでした。

しかし、セミナーはこれだけでは終わりませんでした。プレゼン終了後、別室へと招かれた我々の前に姿を現したのは、

「歴代のtype Tシリーズ!(505含む)」

です。参加いただいたモノフェローズの方々の中には、ご自身でtype Tシリーズを購入されていた方も多いため、もうここでも鈴木プロジェクトマネージャーを囲んでのtype T談義が始まります。自分が購入したモデルを作った方が目の前にいて、そのときの話をしてくれるのですから、時間がいくらあっても足りないという雰囲気です。この場にお酒とつまみがあったら、何時間でも話し続けたことでしょう。(もちろん、そんなものありませんが^^;)

ところが、セミナーは更に次なる山場が用意されていました。元の席に戻ると、そこには最新型type Tが参加者全員の目の前に1台づつ置かれて待っていたのです。そして、各自が持参してきたDVD、ブルーレイ、CDを使ってその画質、音質を堪能した上に、電車の擬似騒音下でのノイズキャンセル機能の実験や、小型液晶テレビとtype Tでの画質比較や大型液晶テレビにつないでのブルーレイコンテンツ試聴などを行い、プレゼンでお話されていた内容を自らの目で検証することができました。

(type Tが一同に全員分!)

そして、最後には参加モノフェローズの方々からの質問があり、全員にブルーレイ再生機能付のVAIO typeTの貸し出しが行われてセミナーは終了となりました。

参加いただきましたモノフェローズの皆様、ありがとうございました!そしてこの後、ご自宅で「VAIO type T、ブルーレイWalkmanがある生活」を存分にご堪能ください!また、ご参加いただけなかったモノフェローズの皆様にはモノフェローズ専用SNS内にてセミナーの内容を動画にて限定公開する予定となっておりますので、そちらを楽しみにお待ちください。

(VAIO type Tの詳細はこちら

トップへ戻る▲