TAG ARCHIVE:‘ブログ’

ロジテック:LHD-ENU2シリーズイベント

2009年8月29日にロジテックの創意工夫、そしてデザイン力が終結して生まれた商品「LHD-ENU2シリーズ」に関するモノフェローズ専用イベントをロジテック株式会社にて開催いたしました。当日は休日にも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。

LHD-ENU2シリーズは、値段勝負となってしまった外付けHDDの市場に対するアンチテーゼとして、新しい価値を提供すべく生まれた、ロジテックエンジニアの魂がこめられた商品です。「居間で安心して使える」ことを目指して、コストを抑えつつも、デザイン、静音、低熱という3つの付加価値を外付けHDDに持ち込んでいます。

また、驚く無かれ、実はこの商品、2008年11月29日に開催されたLHR-DS02モノフェローズ専用イベントの中で、モノフェローズの皆さんから伺った意見を参考に作られたものなのです。つまり、モノフェローズ(ブロガーさん)のアイディアが生みの親となった商品です!

まさに、メーカーとお客様が一体となって生み出した、to Cではなく、with Cの商品といえます。

今回のイベントはある意味で、その生みの親である「モノフェローズ」の方々へのお披露目式でもありました。また、今回は通常のプレゼンテーションと体験に加えて、今後ロジテックが開発を計画している商品やシリーズについてモノフェローズの皆さんと一緒に考えるディスカッションも開催されました。

このイベントの様子は、参加されたモノフェローズの方がレビューをこちらのTBセンターに順次トラックバックしていただくことになっておりますので、興味をお持ちいただけた方は、是非こちらのページをチェックしてください!

トップへ戻る▲

ロジテック:LIC-iREC03Pセミナー

2009年8月2日にロジテックの技術が詰まったユニークなアクセサリー商品『LIC-iREC03P』に関するモノフェローズ専用セミナーをロジテック株式会社にて開催いたしました。当日は休日にも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。

LIC-iREC03Pは、iPhone やiPod touchユーザーの方であれば現在は2-3万円はかかってしまうリニアPCM録音が可能な高音質レコーダーと同等の機能を1万円を切った価格で手に入れることが出来るようになるという優れものです。

高音質にこだわる元音響メーカーのロジテック技術者が、「アクセサリーだから」という言い訳を一切言わず、丹精こめて作り上げたこの一品が、何故生まれてきたのか、その開発過程でどのような苦労を乗り越えなければならなかったのかに興味をお持ちいただけました方は、セミナーに参加されたモノフェローズの方がセミナーのレビューをこちらのTBセンターに順次トラックバックしていただくことになっておりますので、是非こちらのページをチェックしてください!

トップへ戻る▲

ビクター:LT-42WX70液晶ディスプレイセミナー

2009年6月27日にLT-42WX70液晶ディスプレイに関するモノフェローズ専用セミナーを日本ビクター株式会社にて開催いたしました。当日は休日にも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。

動画はもとより静止画も綺麗に見ることが出来る大型液晶ディスプレイであるLT-42WX70は、「テレビの父」である高柳健次郎氏の流れを汲むビクターが、自社パネル、自社映像エンジンGENESSA Premium、そして生産工程の工夫を凝らして生み出した渾身の一作です。

speaker

(プレゼンを担当された開発陣の方々)

「静止画の難しさ」

「動画が綺麗に見えれば静止画は当然綺麗に見える」と思われる方も多いと思いますが、実は違います。動画は多くのケースで、TV局、映画製作会社など他者が撮影したソースを見ています。また、動画の場合は絵作りとして、動画が綺麗に見えるように元のソースに色々と加工を加えています。これは、見ている方が元のソースを知らないので許されます。

しかし、静止画のケースは自分が撮影した写真を見るケースが多くなります。元となる風景などを見る方がご存知ですから、静止画の場合は、忠実であることが美しさにつながります。そのため、動画と同じ処理をすると、「あれ?私が見た風景と違う」という反応になってしまいます。

つまり、動画を綺麗にするだけでは、静止画は綺麗にならないのです。そこで、ビクターは徹底して忠実性にこだわって、LT-42WX70を作りました。

seminar

(沢山の方にご参加いただきました!)

「忠実性への挑戦」

まずはパネルと画像処理エンジンです。ご存知の方も多いと思いますが、最近は有名なメーカーの商品でも実はパネルは他社だったり、画像処理エンジンは他社だったりします。しかし、LT-42WX70は、パネルから画像処理エンジンまで全てビクターが自社で開発をして最高の動画、静止画を見ることが出来るようにチューニングされています。

忠実性へのビクターの挑戦は更に続きます。実は、液晶パネルには個体差があります。同じパネル、画像処理エンジンで作ったとしても、綺麗に見えるものと、今ひとつのものがどうしても出来てしまうのです。そのため、通常はある一定の範囲を決めて、その範囲内の誤差は許容しています。しかし、この誤差が「忠実性」にとっては大敵なのです。

そこで、ビクターはLT-42WX70の製造を自社で行うことで、全台数のガンマ調整を行って、個体差によるばらつきを抑えることにしました。これは、プロ向けのモニターのみで行われているようなことで、一般ユーザー向けの商品でここまで手間をかけることはまずありません。

まさに、「テレビの父」の遺伝子がここに表れていると私は感じました。

back

(背面から見ても美しい理由)

LT-42WX70は何を目指したのか、どのようにして生み出されたのかに興味をお持ちいただけました方は、セミナーに参加されたモノフェローズの方がセミナーのレビューをこちらのTBセンターに順次トラックバックしていただくことになっておりますので、是非こちらのページをチェックしてください!

トップへ戻る▲