TAG ARCHIVE:‘レビュー’

カシオ:HIGH SPEED EXILIM EX-FH20セミナー

2008年10月19日にカシオ計算機株式会社本社にて、モノフェローズの方々向けのHIGH SPEED EXILIM EX-FH20セミナーを開催いたしました。当日はお休みにも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。

今回のセミナーは、QV-10でデジタルカメラという市場を生み出したとっても過言ではないメーカー、カシオ計算機株式会社が送り出す最新モデルHIGH SPEED EXILIM EX-FH20を実際に使ってみた上で、広告、メディアの記事からでは、裏側に隠れていてなかなか見えてこない、商品開発の裏側や、開発の工夫などの「作 り手の想い」に直に触れるまたとない機会だったと思います。

(多数の方にお集まりいただきました)

セミナーでは、カシオ計算機株式会社におけるデジカメ開発・企画をリードされてきた中心人物である開発本部QV統括部の宮田室長に講師を務めていただき、

・カシオ計算機株式会社の社是
・同社の社是から生まれた日本のデジカメ
・そして今回、カシオ計算機株式会社が生み出した新しいデジカメとは

について開発時の「熱い」エピソードを交えながらご紹介頂きました。

(デジカメを生み出したカシオ計算機株式会社の社是
「創造貢献」を前に熱弁される宮田室長)

特に「デジカメだから出来ること」を求めて、液晶画面をデジカメに搭載した話や、次の一手として「高速連写」に注目した話、更にはその高速連写を実現するための「熱い」戦いのエピソード、商品企画は商品がある生活を「楽しみながら」開発をするという話は、開発の現場にいる方でなければ語れない非常に面白い話だったのではないでしょうか。

「熱い」戦い
尖がった機能を実現するためにはこんな苦労があるんです)

また、「高速連写」というHIGH SPEED EXILIM EX-FH20のセールスポイントは、一見、非常にマニアな方限定の機能に見える独自技術ですが、実はこの機能があるからこそ実現できることがあるのです。それは、「活き活きとした人をキレイに撮る」ということ。

今までは写真を撮るときに「ハイ。止まって!」と言われて、体を緊張させて静止状態になってから写真を撮ってもらう(撮る)のが当然と思っていましたが、人って活き活きとしているときは静止なんてしていません。つまり、今までが不自然だったんですね。そして、HIGH SPEED EXILIM EX-FH20であれば、活き活きとした人を自然なままに撮影できる・・・。言われてみれば目からうろこ。コロンブスの卵。確かに「写真の撮り方が変わります」。これこそ、まさにデジタルカメラだからこその提案で我々も感動しました。

(モデルさんに動いていただきながらの珍しい撮影会

(せっかく、モデルの麻丘しおりさんにシャボン玉を
作ってもらっても、我々が持っている通常のデジカメだと
決定的な瞬間が撮れません・・・)

外での撮影会を終えた後はカシオ計算機株式会社社内にある一般の方には非公開の特別ショールームにて、同社の主な商品及び、その歴史に触れる機会を用意頂きました。

(デジカメに限らず、時計好きにはたまらないショールームでした)

参加いただきましたモノフェローズの皆様、ありがとうございました!そして、この後、1ヶ月間、「HIGH SPEED EXILIM EX-FH20がある生活」を存分にお楽しみください!

トップへ戻る▲