TAG ARCHIVE:‘株式会社 日立製作所’

日立:Wooo UTシリーズセミナー

2009年4月25日に株式会社日立製作所新大手町ビルにて、モノフェローズの方々向けのできる録画テレビ、Wooo」セミナーを開催いたしました。当日はお休みにも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。

この春のWoooは全ラインナップがHDD内蔵とネットワーク対応となり正に「ネット時代のテレビ」に相応しいものになっています。また、最高の画質を簡単に手に入れることが出来る、「インテリジェント・オート高画質」が搭載されています。

このインテリジェント・オート高画質、何だろう?という感じだと思いますが、これは実際に見てみると納得の機能です。

結局、テレビにしても何にしてもモニターは、人間の目にキレイに写らなければ意味がありません。ところが、今売られているテレビはテレビのモニター上にキレイな画(色)を出すところで止まっています。しかし、モニターから目の間にはテレビよりもはるかに大きな空間が広がっていますよね?そう、部屋です。今のテレビってこの巨大な空間の影響を照度以外は加味していません。蛍光灯の環境。白熱灯の環境。色味に大変に大きな影響を与えているにも関わらず・・・。

(インテリジェント・オート高画質はコロンブスの卵的な機能)

インテリジェント・オート高画質はまさにこの問題を解決する機能です。同機能は部屋の照度だけでなく、色味を感知して、画面上の色味を変えます。結果、人間の目には本来のキレイな色が届くようになります。聞いてみると当たり前なのですが、今までこれってなかった機能です。事前に商品概要を伺ったときに、「コロンブスの卵だ・・・」と思わずつぶやいてしまいました。さて、商品のご紹介はここまでにして、当日のセミナーの様子をご紹介します。

当日のセミナーは、テレビが作りたくて日立に入社して、以降17年間、テレビ設計、商品開発とテレビ一筋のスペシャリストである商品企画本部鈴木さんに、「できる録画テレビ、Wooo」を何故日立は生み出せたのかについて開発時のエピソードも交えて紹介頂きました。

(テレビ一筋!商品企画本部商品戦略企画部 鈴木さん)

日立とは?

日立と言うと「Inspire the Next」が有名だと思いますが、企業理念は別にあります。それは、「和」「誠」「開拓者精神」の3つです。この理念をカードにして常時携帯するようなことはないようですが、この3つの理念は、社員全員に共有されており、実際にエンジニアが商品を開発する上でも無意識のうちに自らの行動と照らし合わせているそうです。そして、当然ですが、この3つのどれが欠けても、Woooは生まれることがなかったのです。

日立のテレビ作り

日立はその企業理念にある「開拓者精神」を生かし、最先端のテレビを世に問うことも多々ありましたし、現在もあります。しかし、「最先端」であること以上にこだわっている点があります。それは、「高画質」「高品質デザイン」「操作性」の3つの点から「お客様に信頼ある商品を提案する」ことなのです。

実際にそうした例は枚挙に暇がありません。例えば、フラットテレビが流行した当時には、「売りやすい画面のフラット化」よりも「アナログ放送を美しく再生し、目の疲れを防止できるプログレッシブスキャン」の搭載を優先しました。DVDレコーダーが爆発的に売れ始めたときには、テレビとDVDレコーダーを別売りにし似て売上を増やすことよりも、ユーザーが簡単・便利に使えることを優先してHDD内蔵テレビを発売しました。

WoooUTシリーズが目指したもの

「壁掛けテレビは何故生まれない?」スタートはとても素朴なものでした。壁掛けテレビはかなり昔から夢のテレビと言われてきました。そして、ブラウン管からプラズマや液晶へとテレビが変化して、直ぐにでも壁掛けテレビが生まれるような錯覚を誰もがもっていたのではないでしょうか?しかし、実際にテレビを壁にかけている方は少数です。日立のエンジニアはこのギャップに「お客様の不満」があると考えたそうです。

「液晶なのだからテレビは簡単に壁掛けに出来るだろう?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、現実はそんなに簡単なものではありません。

壁に掛ける以上は相当な薄さ・軽さを実現しないといけません。一方で、薄く・軽くなれば強度の低下は免れません。テレビは8-10年間使われるものですし、使う方の中には当然お子様も含まれます。そんな商品に求められる強度はかなりものです。

また、テレビを録画しない人は殆どいませんから、テレビとレコーダーをつなぐ配線の問題も見逃せません。物理的に壁に掛けられるテレビであっても、何本も配線が出ていては見栄えが悪く、お客様は壁に掛けたいとは思えないでしょう。

薄さ・軽さと強度。接続性と配線。正にトレードオフの関係で、どちらかを優先すればどちらかが低下します。しかし、テレビと言うものを考えれば、これらはどちらも譲れないものです。これは高い技術力を誇る日立であっても簡単に解決できる問題ではありませんでした。

では、どうやってこの複雑な問題を日立は解決したのか?という点や、その問題を解決したテレビ、Woooの薄さ、美しさ、そして画質はどの程度のものなのか・・・?という点については、こちらのセミナーにご参加いただいたモノフェローズの皆様のレビュー(この記事の下にトラックバックされます)に譲りたいと思います。全ラインナップがオンライン対応となったネット時代に相応しい日立のWooo シリーズの世界について興 味がある方は、是非こちらのページをチェックしてください!

トップへ戻る▲