TAG ARCHIVE:‘MANASLU’

カシオ:PROTREK(プロトレック)MANASLUセミナー

2009年4月18日にカシオ計算機株式会社本社にて、モノフェローズの方々向けのPROTREK(プロトレック)MANASLU PRX-2000Tセミナーを開催いたしました。当日はお休みにも関わらず多数のモノフェローズの方々に参加頂きました。大変に感謝しております。

今回のセミナーでは入社以来PROTREK一筋の開発者である牛山さんに登場頂き、「カシオの物造り」、「何故カシオが時計を?」「PROTREKとは何か?」について熱い想いを語っていただきました。その話は「プロジェクトXの音楽が途中脳内で聞こえてきたくらい感動した」「セミナーも充実していて、PROTREKファン全てに知って欲しい開発ストーリー満載で大満足」と参加者の皆様から終了後にコメントを頂けるほどのものでした。

(カシオの熱い開発者魂を持った牛山さん)

詳細なレビューは下記リンク先にある参加いただいたモノフェローズの皆様のblogレビューを見ていただければと思いますので、ここではそのあら筋だけをご紹介したいと思います。

「カシオの物造り」

FH20のセミナー以来、繰り返し紹介いただいていていますとおり、カシオの物造りの基本は、同社の経営理念である「創造 貢献」に集約されます。同社の2008年版コーポレートレポートの記載を引用してご紹介しますと、「創造」とは「普遍性のある必要を創造すること」であり、「誰にとっても必要でありながら、まだ世の中になかったものを新たに生み出す」ということです。そして、「貢献」とは、「創造したものが、やがて無くてはならないものとして世の中に普及していくこと」なのです。当然ですが、この思想はPROTREKの開発現場においても体現されています。

(カシオが誇る経営理念「創造 貢献」)

「何故カシオが時計を?」

カシオの時計作りには30年以上の歴史があります。しかし、カシオと同じトップクラスの時計メーカーの中には100年単位の歴史を持つ企業が少なくありません。つまり、カシオは時計においては「新参者」なのです。言われてみれば、何故電卓を作っていたカシオが時計を?と疑問に思います。

実はここにも「創造 貢献」の精神があります。カシオがデジタルカメラを銀塩カメラの延長線の商品として位置付けずに、「画像コミュニケーションツール」として位置付けて、今までにない斬新な商品を生み出してきたことは、FH20や、FC100、Z400の一連のセミナーでご紹介をしてきました。これと同じようにPROTREKも既存の時計の延長線の商品として、デジタル時計を位置付けていないのです。

カシオにおける時計は、身につける「リスト情報機器」なのです!

ある方が言われるには、「普通の時計は時を刻む」が「カシオの時計は時を計算する」のだそうです。だから、カシオがはじめて生み出した時計「カシオトロン」には、世界で初めての「フルオートカレンダー(カレンダー計算機能)」が搭載されていたのです。

(なるほど。カシオの時計が一味違う理由が分かります)

「PROTREKとは何か?」

身につける「リスト情報機器」であるカシオの時計。そのPROTREKが目指すのは、「山登りのプロが使えるリスト情報機器=パートナー」となることです。しかし、8000メートル級の山に登る、山登りのプロがPROTREKを使う環境は極めて厳しいものです。この中で、カシオとして「創造 貢献」をどう実現してきたのか、そして今回のセミナーの主役である「PROTREK(プロトレック)MANASLU PRX-2000T」はどうやって生まれてきたのかという「驚きの物語」につきましては、下記リンク先にあるセミナーに参加されたモノフェローズの方々のblogをご覧ください!

(中を見ると高度実装技術、センサー技術の塊
であることが分かります)

トップへ戻る▲